確定申告や自動車保険の納付など、今やなんでもネットひとつで手続きができるようになりました。
納付だけではなくお金を借りることさえ同様にできます。→http://xn--gckck4jvc1gsb4dc8700iyvrd.net/

今回は同じくネットでできる寄付、ふるさと納税をご紹介します。

ふるさと納税は言葉のように自分が住まう自治体に税金を納めるのではなく、
好きな地域を選択してお金を寄付する制度です。

この制度が開始されてからすでに数年が経ち、その利点から話題となり、利用者は年々増加しています。

ふるさと納税でのメリットは、支払った寄付金から控除を受けることができ、
さらに地域の特産品を受け取ることができる点です。

特産品については全ての地域で用意しているわけではありませんが、
選んだ地域によっては寄付金に応じて、その自治体でとれる肉や野菜、果物、海産物などが提供されており、
他にもホテルの宿泊券なども存在します。

最初から返礼品として表示されているので、
特典を受けたい地域を好きに選択して恩恵を受けられるのが特徴です。

また、税金から控除を受けるのは所得によって上限が設定されていますが、
過度な寄付をしなければ、寄付金から2,000円を差し引いた数字が適用され、
例えば寄付金が10万円の場合は98,000円が控除額となって所得税と住民税から控除されるようになります。

毎年を年末調整で済ませている会社員では、
そのまま控除されることがないため確定申告をする手間がありますが、
特産品をもらいながら節税できるので利用しない手はないでしょう。

hurusato.jpg


無職であっても所得があるにしろないにしろ、
所得税または住民税の確定申告を行わなければなりません。

特に所得税が非課税になるほど収入が少なかったり、あるいは全く無収入の場合であっても、
申告を行う事で正しい課税が税務当局からなされます。

したがって、この場合には住民税のみの確定申告を行うというのが正しいあり方です。

所得がある場合には、控除を上手く使うことで納税額を減額可能にすることが出来ます。

所得税も住民税も社会保険料の支払額分について、
前年度の所得から控除が出来るものが存在しています。

特に国民年金保険料や国民健康保険料のように、
会社等が何もしてくれないようなものは自らがしなければなりません。

ですので無職だと自分で払わないといけません。
という事は、お金がないのでキャッシングを利用することになります。
今ではキャッシングWeb完結で一番早く借入できる業者があり、
簡単に借りることが可能です。

所得税なしにしたい場合には、前年度の所得額からこうした社会保険料控除などをうまく活用することです。

収入から控除するものが大きければ、所得税なしに持っていくことも可能となるでしょう。

社会保険料控除や医療費控除なども活用するなど工夫が求められます。

住民税なしの場合は、基礎控除などの額が所得税よりも少ないため、注意が必要です。

ただ、所得がそもそも少なければ市町村が定めるところで非課税になります。

課税相当額以上の場合は、前年に社会保険料を支払うなど計画的に行うことが非常に大切になっていきます。

furusato2.jpg

外国への留学中、日本で支払っている税金はそのまま払い続けなければいけないのでしょうか。

しっかり調べておかないと損をするかもしれません。

基本的な考え方は、日本に住んでいない人には、納税義務は発生しません。

ただし、そのためには、海外転出届けを役所に提出する必要があります。

海外転出届けとは、通常1年以上国外に出る際に提出する届けとなります。

また海外転出届けは出国2週間前から手続きが受け付けられ、
転出先の住所が確定していない場合は国名と都市名の記入のみで受理されます。

健康保険は、日本に住民票がある限り、その市町村に対して支払う義務がありますが、
海外転出届けを出すと、脱退することになり、支払の義務は免除されます。

住民税は、1月1日の時点で住民票がある場所に対して、1年間の納税義務が発生します。

ですので、1月2日以降に海外転出届を出して、留学した際は、
その1年間分の住民税の納税の義務があるということです。

国民年金に関しては、海外転出届けを提出していれば、支払う必要はありません。

ただし、受給する際に、その分が差し引かれた額になりますので、
留学前に役所にいって確認するのが良いでしょう。

海外転出届けは、強制ではなく、本人の判断になりますが、お金が関わることですので、熟慮する必要があります。


納税は1年間で収入が108万円あると払う義務があります。

年齢には関係ありません。

ですから20歳未満でもアルバイトで働きすぎると、納税しなければなりません。

たいてい給料明細から引かれます。

しかし、短期のアルバイトなどで1カ月だけ働いても収入が多ければ、税金を引かれていることもあります。

そんなときはその年の源泉徴収票を持って翌年の1月~3月15日までに税務署で確定申告の手続き必要です。

振込先の銀行の通帳と印鑑(なんでもいい)も必要です。

数カ月後には税金が返ってきます。

国民年金は20歳以上になると、払う義務がありますが、学生は免責されます。

市役所に行って学生証をみせて手続きすると、年金手帳の給付をされます。学生の間は払わなくてもいいです。

働いていても厚生年金加入者以外(自営業など)の人は手続きが必要です。

無職の人や専業主婦は世帯主の扶養家族になれば、
国民年金は個人的には払わなくても、加入したことになります。

1カ月に14000円ぐらいなので払うのは大変ですが、加入の手続きだけはしておいたほうがいいです。

なぜなら、もしも障害者になった時に過去3カ月加入していた事実がないと、障害年金がもらえないからです。

お金というのは本当に人生において大切です。

病気になったとき、子供の進学に関してなど、あらゆる場面でお金の必要性にせまられます。
(他にもこんな例があります→専業主婦がお金を借りる時の心境

そのためにも、国民の義務である納税はきちんと納付しておきましょう。


日本の国に生きているかぎり、税金の支払いというのは免れられるものではありません。

たとえば消費税などは、物を買えばこちらの有無を言わさず支払わなければならないものであり、
収入がある人もない人も関係なく、日々支払っているわけで、
そういう意味では、全国民が税金を何かしら払っているのが日常的だと言えます。

そのような税金ですが、消費税のほかにも、
所得税、住民税など毎年計算されて支払わなければならないものや、
酒税、たばこ税など、お酒やたばこを購入する際、
商品価格の中にあらかじめ税金が組み込まれているものもあります。

家や土地などの不動産を所有している方には、固定資産税という税金を支払わなければなりません。

これも毎年納税書が自宅に郵送されてきます。

ほかにも、自動車を所有している方の場合は、自動車税という税金を取られるわけです。

自動車というものは、物として自分でお金を出して買ったにもかかわらず、
毎年税金を納めなければならないのです。

このように、あらゆるものに対して税金がかけられているわけですが、
日本国憲法のなかには、納税の義務というものも存在していますので、
日本に生まれた以上、税金の支払いは一生涯続きます。

税金だけではなく、生きていくうえでお金は切っても切れないものです。

今のうちに主婦とお金の関係など、お金について知っておくのもいい機会かもしれません。